スイカの追肥とマルチ張り 5月15日

今日はスイカのキャップを外し、追肥をしました。苗の周りにかやを敷き、マルチをしました。スイカのつるが伸びていくためにかやに巻き付きながら伸びていくことを教えていただきました。元気に育っています。来週の月曜日に学校に来ることができる子は、農園をのぞいててみましょう。

キャップを外しました。元気に育っています。

押し切りでかやを切ります

苗の周りにかやを敷きます

追肥をしました

マルチを張ります

かやを敷いて、つるが巻き付くようにしました。

6月になれば、防鳥・防獣ネットを子どもたちと張ります。

新型コロナウイルスの感染拡大防止にかかる臨時休業延長について3月12日

大山幼稚園 修了式(年少組)19日(木)8:35 保育室

大山幼稚園 卒園式(年長組)19日(木)9:30 ふれあい館

大山小学校 卒業式 23日(月)9:30 体力館 終会11:30

大山小学校 修了式 24日(火)8:20 いつものように登校  終会11:30

元気に参加できるように準備しておきましょう。

↓ここをクリックしてください

tsuuchi-corona3.12

全校朝会 3月2日

新型コロナウィルス感染拡大防止のために明日から臨時休業とします。今日の朝会は、校長先生からは、「1年間先生たちもみなさんもで目指してきた『自ら学び 心豊かで たくましい子』に育っているか、振り返る良い期間です。2週間をどのように過ごすのかは、今までやってきた「けテぶれ」(計画・テスト・分析・練習)を今こそ試す良いチャンスです。自分で1年間を振り返り、この休み中、主体的に学習を続けてやりましょう。」という話を聞きました。

次に、休み中に健康なくらしをしていく上での過ごし方について話を聞きました。手洗いをきちんとして、生活のリズムを崩さないようにしようというはなしでした。

最後に、休み中に安全に過ごすための話を聞きました。自分たちで、うまく生活をしていきたいです。

16日の再開を楽しみに待っています。

「6年生を送る会」ができなくなったので、全校生からの寄せ書きをプレゼントしました。

大山緑の少年団・おかめ桜植樹と解団式2月18日

令和元年度大山緑の少年団活動は、今日で終了しました。まず、大山おかめ桜の里を作る会の皆さんと河川堤におかめ桜の苗を植えました。60本の苗のうち6本を植えました。木には願い事と名前を書いた札を付けました。これからどんどん成長していく桜のもとに、将来集うことを約束しました。また、解団式では、大山振興会理事長の長澤義明さんに団旗を返しました。昭和60年に結成されて以来34年間、大山の森林を守り、育てる活動を続けています。現在は、森林だけでなくスイカや天内芋なども栽培しています。この森林を守る活動を後輩にも伝え、大山地域の発展につなげていきたいです。

おかめ桜の植林

おかめ桜の植林活動

大山緑の少年団解団式

出前授業 2月6日

6年生は、丹南中学校の長澤紀道先生に社会科の授業をしていただきました。はじめに「5円玉のデザイン」を問われました。いつも見ているようですが、いざ描くとなるとなかなか思い出せません。「稲・麦」「歯車」「波(海・湖・川)」が描かれています。次に、これらが表すものを考えました。「稲・麦」は農業を表し、「歯車」は工業、そして「波(海・湖・川)」は水産業を表していました。そして、大山地区の地図をみて度かな記号があるのかを描きだしました。知っている記号「文(学校)・卍(寺)・⛩(神社)・〒(郵便局)・⊗(警察署・交番)」もありました。他にもたくさんの記号がありました。5年生で習っているものの、忘れていたものもたくさんありました。みんなで記号を探して、考えた楽しい授業でした。授業が終わった後も先生といろいろ話ができました。中学校入学が楽しみです。

出前授業 丹南中学校のながさわのりみち先生に地理をおしえていただきました

薬物乱用防止教室 1月30日

6年生は、午後、薬物乱用防止の授業を受けました。今日の講師は、丹南ライオンズクラブの雪岡さんです。ビデオを見たりやロールプレイをしたりする中で、薬物の恐ろしさや進められた時の断り方を学びました。「絶対に薬物には手を出しません」

プロジェクターは丹南ライオンズクラブよりご寄贈していただきました。

丹南ライオンズクラブ会長あいさつ

講師 雪岡さん

6年生

ロールプレイ「さそいを断る」

ロールプレイをする6年生友永警察官のお話みんなでおれいをいいました

1.17メモリアル集会・防災訓練

阪神・淡路大震災が起こって25年になりました。震災を体験した人が少なくなっていく中、震災の教訓を次の世代に活かしていく工夫をしていきます。どこで震災に出会っても、対応できるような子どもたちを育てていきます。また、地域と連携することも大切なことです。今日は、丹波篠山市消防本部より講師を迎えて講話をいただきました。そして、大山郷づくり協議会からアルファ化米の防災食を一人一つずついただきました。お話の中で、昭和58年に起こった大洪水の話をされ、大山地域での災害について知ることができました。今日は、防災食を家族でいただきながら、学習したことを話します。そして、いざという時どこに逃げるかなどを話し合ってほしいです。

避難訓練消防署の方のおはなし大山さとづくり協議会のおはなし防災食を1つずついただきました