1.17メモリアル集会・防災訓練

阪神・淡路大震災が起こって25年になりました。震災を体験した人が少なくなっていく中、震災の教訓を次の世代に活かしていく工夫をしていきます。どこで震災に出会っても、対応できるような子どもたちを育てていきます。また、地域と連携することも大切なことです。今日は、丹波篠山市消防本部より講師を迎えて講話をいただきました。そして、大山郷づくり協議会からアルファ化米の防災食を一人一つずついただきました。お話の中で、昭和58年に起こった大洪水の話をされ、大山地域での災害について知ることができました。今日は、防災食を家族でいただきながら、学習したことを話します。そして、いざという時どこに逃げるかなどを話し合ってほしいです。

避難訓練消防署の方のおはなし大山さとづくり協議会のおはなし防災食を1つずついただきました

 

新春書初め大会1月9日

書初めをしました。それそれれの課題は次の通りです。1年生「なかよくあそぶ」、2年生「何にでもチャレンジ」をフェルトペンで書きました。3年生「お正月」、4年生「美しい空」、5年生「新春の光」、6年生「伝統を守る」を毛筆で書きました。静まり返った空気の中、しっかりと書きました。来週より、児童玄関に掲示します。参観日にはごゆっくりと力作を見てください。

書き初め大会書き初め大会書き初め大会書き初め大会書き初め大会書き初め大会書き初め大会書き初め大会書き初め大会書き初め大会書き初め大会書き初め大会

JA環境保全教育応援事業贈呈式 1月7日

JAさんに、子どもたちの学習を応援いただいています。黒豆、天内芋、スイカ栽培の支援や環境保全、そして、農業学習の資料などを支援していただいています。今後子どもたちが主体的に計画する環境事業に大切な資金を使わせていただきます。

農協環境保全教育応援事業贈呈式児童会長に宮本支店長から贈呈

2学期終業式・幼稚園・小学校12月24日

2学期が今日で終わりました。がんばったことやできなかったことを振り返りました。自分で計画して、振り返り、修正する力をさらにつけていきます。

お話をしっかりと聞くことができます 幼稚園

幼稚園終業式真剣に話をきく 園児

小学校・・け て ぶ れ 「計画 テスト(実行) 分析 練習」のサイクルで2学期の行動を振り返りました。

 

 

 

児童会お楽しみ会12月20日

幼小連携の行事として今日はお楽しみ会をしました。オープニングはベル奏で始まりました。歌やゲームをしてみんなで楽しく過ごしました。幼稚園児は、小学生になってもたくさんの知り合いができました。小学校入学を楽しみに待ってくれることでしょう。

オープニングセレモニーじどうかいあいさつさんたさんみんなで歌おう

 

 

丹波篠山市学力向上研修会12月19日

大山小学校は、学ぶことに関心を持つ子どもたちを育てるための取り組みをしています。誰かに指示をされるだけで動くのではなく、主体的な学びを伸ばし、生涯にわたり学習する基礎を作ろうとしています。その取り組みの一つとして、「けテぶれ」という方法を取り入れています。け・・・計画、テ・・・テスト、ぶ・・・分析、れ・・・練習、の勉強方法をこどもたちと取り組んでいます。自分で学ぶ方法を身に着けこれからの社会でぶつかる課題を乗り越える力をつけようとしています。この研修を丹波篠山市内の他の学校の先生と共に学びました。講師は、夙川小学校の葛原祥太先生を講師として招き、学習しました。これから子どもたちの学習意欲が伸びていくようがんばります。

 

全国学校給食甲子園大会優勝12月7日・8日

丹波篠山市学校給食センターを代表して西部給食センターの田端廣美栄養教諭と出野調理員さんが全国学校給食甲子園に出場されました。4年生が地元の方と作った「天内芋」が食材として使われており、子どもたちも応援していました。皆さんの努力の成果が実り見事優勝されました。おめでとうございます。給食センターのみなさん、食材提供の皆さん。毎日のおいしい給食をありがとうございます。