篠山市立大山小学校・幼稚園

学校所在地

所 在 地

〒669-2827   篠山市大山新100

電話番号 TEL 079-596-0013  FAX 079-596-0447

最新ニュース

投稿者 : hagaonatuguri 投稿日時: 2017-10-06 16:40:20 (6 ヒット)

郵便局へインタビューに行きました。ポストの種類や、手紙がどのように届くのかを教えていただき、子ども達は熱心にメモをとっていました。また、大山郵便局にしかないハンコをはがきに押させてもらい、自分宛てに送りました。ハンコの絵は、池尻神社の人形です。はがきが届いた時には、「やったー!」「こんなにすぐに、手紙って届くんやなぁ!」と大喜びでした。インタビューをしたことで、大山についての理解が深まっただけでなく、はがきの良さに気づいたり、郵便局の仕事がどのようなものなのかを理解したりすることができました。


  



投稿者 : hagaonatuguri 投稿日時: 2017-10-04 17:10:46 (8 ヒット)

 朝市・コミカフェ「あもっち」・ねんりん館にインタビューへ行きました。朝市には、黒枝豆や天内芋、栗、アケビなど旬の野菜や果物が売られており、「この野菜は何ですか?」「なぜ同じ野菜でも値段が違うのですか?」など積極的に質問し、熱心にメモをとっていました。アケビも試食させてもらい、今まで味わったことのない味に、びっくりしていました。その他に「ポポー」という果物もあり、子ども達は興味津々でした。ちなみにポポーは、マンゴー、バナナ、パイナップルを足した味で、「森のカスタードクリーム」と呼ばれているそうです。コミカフェ「あもっち」、ねんりん館の仕事についても聞くことができました。これからインタビューしたことをまとめ、発表していきます。



投稿者 : hagaonatuguri 投稿日時: 2017-10-03 15:59:07 (11 ヒット)

 今日の全校朝会では、校長先生から「なぜ?どうして?の目をもとう」という話がありました。校長先生の「彼岸花を見て、不思議に思うことはありませんか?」という問いに、子ども達は「なぜ毎年、同じ時期に、同じ場所に咲くのかな。」「なぜ、葉っぱがないのかな。」とたくさんの不思議を見つけ、答えていました。


 なぜ?どうして?の目をもって、周りを見ていくと不思議がいっぱいです。その不思議を謎解いていけば、新たな発見につながったり、また新たな不思議に出会えたりするかもしれません。どんなことも学校で学ぶ知識がベースとなって成し遂げられます。今の一つひとつの学習を大切にし、普段から様々な物に興味関心を持ち、自分自身の知識として身に着けていってほしいと思います。


 10月の目標は、「忘れ物が無いように準備して、学習に取り組もう」です。当たり前のことが当たり前にできるようにし、学習に集中して取り組むことができるよう指導していきます。



 


投稿者 : hagaonatuguri 投稿日時: 2017-09-27 18:36:31 (9 ヒット)

 2年生みんなで民間のバスに乗って明野まで行き、川代ダムを見学し、大山下から歩いて大山小学校まで帰ってきました。大山下には城跡や、古墳など歴史的なものがたくさんあります。探検では、川代ダムでダムの仕組みについて教えてもらったり、園田商店さんでお話を聞き、レジを打たせてもらったり、とても良い経験をすることができました。これから他の施設の見学も行い、インタビューする中で、さらに大山についての知識を深めていこうと思います。


     


    


 


投稿者 : hagaonatuguri 投稿日時: 2017-09-27 15:59:05 (16 ヒット)

 学校から路線バス(1日に5本)に乗って、篠山市役所と篠山商店街の見学をしてきました。市役所では、市長室、議場、農都政策課を見学してきました。


 市長室は、篠山が一望できる広い部屋で、たくさんの資料がありました。篠山市の大事なことを決めている議会を行う議場にも入りました。入る時は、一度止まって礼をし、出る時も礼をするのです。とても神聖な感じがしました。議長席や市長席にも座らせていただき、どきどきしました。



篠山には、農都政策課 丹波篠山黒まめ係があり、黒豆のことを教えてもらいました。篠山で黒豆を栽培している畑は、どのくらい広いでしょう?・・・大山小学校の何と1300倍だそうです。すごいですね。まるいのとまめりんのシールをもらいました。



 それから、商店街の見学をし「三福さん」と「雪岡 市郎兵衛洋菓子舗さん」にインタビューをさせてもらいました。



 その後、商店街で買い物体験をし、商工会議所の方に篠山商店街のことを教えていただきました。商店街にあるお店は、「ウナギの寝床」と言われるぐらい奥に長いそうです。篠山城の周りに商店が200軒ぐらいあり、活性化するように頑張っておられるそうです。



買い物体験では、黒豆のグラッセと焼き栗、黒豆パンと黒豆きなこが美味しかったので、みんなが食べられるようにお金を合わせて買いました。